ボランティア活動

ボランティア事業

福祉講座

 福祉の知識やボランティア活動などに必要な知識、技術を身につける講座を開催しています。災害について、健康について、また身体を動かす講座など多様です。

手話教室

 日常会話程度の手話を学んでいただく教室を開催しています。毎年受講生が増え、手話に対する関心が広がっていっているようです。受講後は『垂井町手話サークル泉の会』へ入会し活動される方も多くおられます。
 平成20年は、垂井町福祉会館にて、7月から10月まで毎週土曜日に全10回の受講をしていただき、手話を学ぶのはもちろんのこと、地域に住んでおられる聴覚障害の方がどんなことに困っているのか、どのように生活しておられるのか等、実際にコミュニケーションを通して学んでいただきました。

サマー福祉学習

 小・中学生を対象に“サマー福祉学習”を開催しています。夏休みに1日、福祉についての学習や、車いす介助の方法についての学習、垂井町デイサービスセンターの利用者の方々などとの交流を楽しんでいただいております。
 平成20年は、高齢者サロンの参加、車イスの使い方の勉強、高齢者体験セットを使って全員が高齢者になって福祉会館の中を歩くなどの体験をしていただきました。

福祉協力校指定事業

小・中学校及び高等学校の児童・生徒を対象として、ボランティア活動や、日常の身近な福祉活動を進めるなかで、社会福祉への理解と関心を高め、社会奉仕や社会連帯の精神を養うとともに、児童、生徒を通じて家庭や地域の福祉の心を深めるような教育の実践、研究を行うことを目的として福祉協力校指定事業を行っております。

ワークキャンプ

 高齢社会がますます進行するなかで、次代を担う青少年の社会福祉に対する理解と関心を高める活動が大切な時期となっています。
 垂井町社会福祉協議会では、福祉協力校の生徒を対象に、社会福祉施設での体験学習を通して高齢者福祉及び、障害福祉について理解を深め、施設の機能やそこで生活する方々とふれあうことによって、心を育てる機会をもち、福祉に対する理解と関心を高めていただくために毎年、福祉施設での介護体験の機会を提供しております。